PacketBlackHole Cloud β版サービス 利用規約


第1条(利用規約)
(1)本利用規約は、ネットエージェント株式会社(以下「サービス提供者」といいます。)が提供する「PacketBlackHole Cloudβ版サービス」(以下「本サービス」といいます。)の利用にかかわる一切に適用されます。
(2)サービス提供者がサービス利用者に通知する本サービスの説明、案内、利用上の注意等(以下「説明等」といいます。)は、名目のいかんにかかわらず本利用規約の一部を構成するものとします。
(3)サービス提供者は、サービス利用者から提供を受ける個人情報に関して、当社が定める個人情報保護方針に従い、適切に取り扱うものとします。
(4)サービス提供者は、サービス利用者の了承を得ることなく本利用規約を随時変更することができるものとします。変更後の本利用規約は、サービス提供者が本サービスのホームページ上に掲載することでサービス利用者に通知した時点より効力が生じるものとします。

第2条(仕様)
本サービスの仕様は、別紙に定めるとおりとします。サービス提供者は、本サービスの仕様を予告なく変更することがあります。

第3条(利用契約の成立)
本利用規約を内容とする本サービスに関するサービス提供者・サービス利用者間の利用契約(以下「利用契約」といいます。)は、サービス提供者がサービス利用者から本サービスの利用申込を受けた際、その申込内容から審査を実施しサービス利用者が以下のいずれにも該当しない場合に、成立するものとします。
(1)暴力団、暴力団員、暴力団関係、総会屋、社会活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団若しくはそれらの関係者(以下、総じて「反社会的勢力」といいます。)に該当し、又は反社会的勢力との取引若しくは人的、資金的関係があるとサービス提供者が判断したとき。
(2)いずれの法人にも属さない個人として申込をされたとサービス提供者が判断したとき。

第4条(本サービスの利用)
(1)サービス提供者は、第3条の利用申込を承認したときは、当該サービス利用者に対し、本サービスの利用及び管理に使用するID 及びパスワードを付与するものとします。
(2)サービス利用者は、付与されたID及びパスワードの使用・管理に一切の責任を負うものとします。当該ID及びパスワードにより認証された本サービスの利用は、すべてサービス利用者による利用とみなします。

第5条(利用目的)
サービス利用者は、本サービスを許可なく自己の営業行為に利用することはできません。

第6条(禁止事項)
(1)サービス利用者は、サービス提供者が本サービスの円滑な提供のために出す必要な指示に従うものとします。
(2)サービス利用者は、本サービスに用いるサービス提供者の設備(通信設備、通信回線、電子計算機、その他の機器及びソフトウエアをいいます。)に無権限でアクセスし、又はその利用若しくは運営に支障を与える行為(支障を与えるおそれのある行為を含みます。)をしないものとします。 (3)サービス利用者は、本サービスによって得られた情報を用いて、他の利用者または第三者への知的財産権の侵害、プライバシーの侵害、誹謗中傷、不正アクセス、その他法令に違反する行為または違反のおそれのある行為、公序良俗に反する行為を行わないものとします。
(4)サービス利用者が第1項の指示に従わない場合又は前項に該当する行為を行ったとサービス提供者が判断した場合、サービス提供者は当該サービス利用者に事前に通知することなく、当該サービス利用者による本サービスの利用を一時的に制限することができるものとします。
(5)サービス提供者が前項の措置をとったことで、当該サービス利用者が本サービスを利用できず、これにより何らかの損害もしくは不利益が発生したとしても、サービス提供者は一切責任を負いません。

第7条(責任の制限等)
(1)本サービスの各機能は、提供時点においてサービス提供者が提供可能なものとします。本サービスがサービス利用者の特定の目的に適合すること、期待する機能を有すること、期待する成果を実現すること、不具合を起こさないこと及び利用結果を含め、サービス提供者は、サービス利用者に対し、本サービスに関する何らの保証も行うものではありません。
(2)サービス提供者は、サービスを提供するサーバーの保守、停電などの理由により予告なくサービスを一時停止する場合があります。なおサービスの停止に関して、サービス利用者に対し、一切の責任を負うものではありません。
(3)サービス提供者は、本サービスの利用に伴い、サービス利用者又は第三者のプログラムやサービスデータの消失若しくは破損、又は第三者の利益を損なう行為が生じた場合であっても、その理由の如何を問わず一切の責任を負うものではありません。
(4)サービス提供者は、第三者からのサービスデータ削除依頼に関して、サービス利用者に事前に通知を行い、同意を得たうえでサービスデータを削除できるものとします。ただし、第6条に該当する行為が行われたことをサービス提供者が判断した場合、サービス提供者は当該サービス利用者に事前に通知することなく、当該サービス利用者のサービスデータを削除できるものとします。

第8条(サービス提供者からの解約)
(1)サービス利用者が次のいずれかひとつにでも該当するとサービス提供者が判断した場合、サービス提供者は利用契約を解約することができるものとします。
   ① 反社会的勢力に該当し、又は反社会的勢力との取引若しくは人的、資金的関係があるとサービス提供者が判断したとき
   ② 自ら又は反社会的勢力を利用して、サービス提供者に対して詐術、暴力的行為又は脅迫的言辞を用いたとき
   ③ いずれの法人にも属さない個人として本サービスを利用したとサービス提供者が判断したとき
   ④ その他サービス利用者が本サービス利用規約に違反しているとサービス提供者が判断したとき
(2)サービス利用者が前項各号に該当したことによりサービス提供者が損害を被った場合、利用契約の解約の有無にかかわらず、サービス提供者は、サービス利用者に対し、被った損害の賠償を請求することができるものとします。
(3)本条に基づく利用契約の解約によりサービス利用者に損害が生じた場合でも、サービス提供者は、いかなる責任も負わないものとします。

第9条(利用契約終了後の措置等)
解約その他の事由により利用契約が終了した後、サービス提供者は、本サービスの利用により当該サービス利用者によってサーバーに格納されたデータの全てを消去します。

第10条(本サービスの停止等)
(1)サービス提供者は、本サービスの提供を終了するときは、サービス利用者に対し事前に通知するものとします。ただし、緊急の場合にはこの限りではありません。
(2)前項の通知は、本サービスのホームページ上に表示することにより行うものとし、表示後1か月経過した時点で全てのサービス利用者に通知したものとみなされるものとします。
(3)サービス提供者は、理由の如何を問わず、第1項の通知を行うことにより本サービスの終了によりサービス利用者が被った被害について一切免責されるものとします。

第11条(準拠法、裁判管轄)
本許諾書は、日本法に準拠し、日本法に従って解釈されます。本許諾書から又は本許諾書に関連して生じた紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とします。

第12条(顧客情報およびデータとその取扱)
(1)個人情報とは、本サービスの利用申込時にサービス提供者へ通知されるサービス利用者情報をいいます。
(2)サービスデータとは、本サービス上へサービス利用者からアップロードされたパケットファイルおよび、その解析データ全体若しくはその一部を指します。
(3)個人情報およびサービスデータを併せて、顧客情報といいます。
(4)サービス提供者は顧客情報の取扱について以下のとおり実施するものとします。
   ① サービス提供者は顧客情報を業務を遂行する目的以外に使用しません。
   ② また、法令上の要請を除きサービス利用者へ事前の同意なしに第三者への開示は行わないものとします。